大腎協機関誌「めざめ」は大腎協会員や関係者からの寄稿で構成しています。
発行は1月中旬と4月・7月・10月下旬の年4回です。

 最新号は2019年1月15日発行のNo.185です。


「めざめ」では、編集部員6、7人で透析に関係する身近な事柄を考察した 「調べてみました」を毎回掲載しています。 昨年“調べてみた”のは以下の事柄です。

■No.182(2018年春号)薬にまつわる失敗談
「薬を飲んだかどうか分からなくなり、 ごみ箱をあさってカラが捨ててあるか確認することがある」 などの失敗談を集めました。 ■No.183(2018年夏号)素麺の水分
素麺を実食し、その時に口にする水分量を調べてみました。 その結果、「具や薬味を加えず、ゆでた素麺1把を麺つゆにつけて 食した場合に摂取する水分」は165g=165mLという数字が出ました。 ■No.184(2018年秋号)関東煮(かんとだき=おでん)の具材の リンとカリウム
日本食品標準成分表をもとに関東煮の具のリン・カリウム量を 調べてみました。その結果、カリウムが多いのは、 ジャガイモ(水煮・中1個=340mg)と 大根(ゆで・厚さ25mmの輪切り=126mg)でした。 リンが多いのは、ひろうす=がんもどき(1個50g=100mg)と ゆでたまご(1個50g=90mg)でした。

No.185(2019年冬号)の「調べてみました」は、 あなたのシャント状態は? です。
NPO大腎協の理事と編集部員計21人に、 シャントの造設回数やPTAなどの外科的処置を受けた回数を聞いています。






ライン

 









▲ページ上へ

この会報は大阪府共同募金会のNHK歳末たすけあいの協力によって作られています。
当サイトについて Copyright (C) NPO法人 大阪腎臓病患者協議会